あぶれん坊万歳!!

エンタメ同人誌aBreのブログです。2015年5月4日第二十回文学フリマ東京(C-32)に参加します。

ショッピングバッグのなかみ(牛濱)

こんにちは。aBreの牛濱知昭です。 好天の続いたGWが明け、今日は自宅に引きこもるつもりです。 「第二十回文学フリマ東京」から5日たちました。 会場より発送した荷物をさきほど受け取り、荷解きをしています。 今回の文フリで購入した品物がすべて、手…

第二十回文学フリマ東京でvol.12を販売します

おやすみなさい。aBreの牛濱知昭(今回の編集)です。 今日は「釣り銭を用意する」というきわめて重要な仕事を終え、 硬貨の重みににやつきながら帰ってきました。 この小銭たちが、新刊といっしょにたくさんの方の手元に 旅立っていく様子を想像すると、胸…

新刊Vol.10だいたい400文字レビュー! 第一弾「トマトジュースしかないけど」 (牛濱知昭)

諸事情により、「GO AMIGO」のレビューはしません。時間がないんやで? 本人了承済みです。俺の短歌もレビューしません。 っということで、最後です。 「トマトジュースしかないけど」 (牛濱知昭) 名状しがたく、救いようもない、そんな読後感を抱いた。テ…

新刊Vol.10だいたい400文字レビュー! 第四弾 「過ち」 (間宮 篤)

さて、ちょっと間を空けまして、更新を再開しますよっと。 「過ち」 (間宮 篤) この小説を位置づけるとしたら、それはミステリなのか、いや、ホラーなのか、といった具合の読後感を味わった。非常に短編で、ふわっとしたレビューしか書き記せないのが残念…

新刊Vol.10だいたい400文字レビュー! 第三弾 「なんでもない日に起こったこと」(垂崎依都)

「なんでもない日に起こったこと」(垂崎依都) まさかこういう結末じゃなかろうな、という結末に落とし込まれる、非常に素直なエンタメ小説が投じられた。「記念日」というテーマを与えられたとき、記念日を描くことは容易だが、何でも無い日をあえて書くと…

新刊Vol.10だいたい400文字レビュー! 第二弾「シンシンセツセツ」(秋梨:作)

Load to Bunfree企画です。そういえばあと今日含めて3日しかないのに6作品レビュー出来るんですかね。一日2作品ペースなので、一日でもオトしたら終わりですな。はっはっは。 「シンシンセツセツ」(秋梨:作) 読後感としては、切なさがまず真っ先に立っ…

新刊Vol.10だいたい400文字レビュー! 第一弾「新生」(穂坂一郎:作)

みなさん、Load to Bunfreeですよ。文学フリマへの道、ですよ(あえての和訳)。 そういうわけですので、5/1、2、3、4と数えればあっという間に5/5ですよ。 うかうかしていられませんね。ですので、今回はざっくりとaBreの新刊であります「aBre Vol…

aBreにXday到来!! 『記念日』号は300円で販売。

第18回文学フリマ(5月5日東京流通センター)まで1週間切っていることに気がついたので出かける前に告知していかなくては。 aBreは10号目となる『記念日』号を販売します。 特集にちなんだ掌編(読み切り)に加え、短歌を掲載。 以下がラインナップとな…

第17回文学フリマで買ったもの。(編集担当 背川さんの場合)

牛濱です。 先日の文学フリマで購入したものを、紹介したいなと思いながら3日も経ってしまいました。しかし通勤の途中でしっかり読んでいます。 今回はaBre vol.9の編集を担当したメンバー 背川有人さんの「戦利品リスト」を公開いたします。Twitter(せが…

第17回文学フリマ終了、お疲れ様でした。

夕食に出向いた仲間たちより離脱(基礎的体力のなさから脱落)し、一足先に帰路に就いた牛濱知昭です。 第17回文学フリマが終了いたしました。ご出店なさった皆さま、ご来場いただいた皆さま、そして文フリ事務局の方々、この秋も、刺激的な一日を本当に有難…

アブレの国の牛濱その5(最終回)「正義の味方始めました。」編

aBre vol.9の主人公になりきった牛濱がどういう状況かさくっと説明する記事です。 ゲームに夢中になっていれば、面倒なこと考えないですむかというとそうでもなくて、俺はついついアーケードゲームの主人公を見ながら考えてしまったりする。 俺のこと、それ…

アブレの国の牛濱その4「監獄の日、夏の盛りより act.2」編

aBre vol.9の主人公になりきった牛濱がどういう状況かさくっと説明する記事です。 10歳の頃の自分にタイムマシンで伝えにいけることがあると言われたら僕はどうするだろう。まず10歳の僕をさんざん脅かしてやるべきか、それとも未来の僕に会ったことなんてい…

アブレの国の牛濱その3「天笠画廊のこと」編

aBre vol.9の主人公になりきった牛濱がどういう状況かさくっと説明する記事です。 当時、私は新しい生活の中で、ささやかだけど誇らしい時間の過ごし方を手に入れたのだ。 高校に入ってすぐの頃、偶然見つけた小さな画廊。主人の天笠さんは私を軽んずること…

アブレの国の牛濱その2「散々」編

aBre vol.9の主人公になりきった牛濱がどういう状況かさくっと説明する記事です。 海が見たくなることって誰にでもあるだろうし、こう寒いと西に行ったらいいかななんて思いついたりする。僕は重箱を抱えて、太平洋沿いの有名な温泉地に向かっていた。 旅先…

アブレの国の牛濱その1「彼と私と特売の罠」編

aBre vol.9の主人公になりきった牛濱がどういう状況かさくっと説明する記事です。 最近、家にいるあいだ、彼氏がPCをいじってばかりで相手してくれない。 仕事というわけでもないのに、何やってんだかと思うと、ずっと価●コムとにらめっこだよ。新しいPCを買…

11月4日がただの振り替え休日だと思ったら大間違いだ!!

ご無沙汰しております。aBreの牛濱です。まずご報告したいことがあります。 転居通知 このたびaBreブログ『あぶれん坊!万歳』は、はてなダイアリー様からはてなブログ様へとお引越しさせていただきました。 転居の理由は牛濱がミーハーでしかもディジタルに…

第十七回文学フリマへへの展望

Welcome to aBre Night! みなさんあぶれてますか? ぼっちですか? やったね! なにがやったのかわかんないけどやったね!いや、冗談はこのくらいにしておきましょう。先日の第十六回文学フリマ大阪、及び超文学フリマ、参加者のみなさんはお疲れ様でした。…

aBre、通販対応のお知らせ

文学フリマ、お疲れ様でした。aBreブースに足を運んでくださいました皆様、本当にありがとうございます。 発表事項といたしまして、aBreの新刊8号を通販対応いたします。 価格は500円。送料は当方で負担いたします。 お支払い方法は銀行振り込み、ウェブマ…

動物的なヒロイン、書けよ。 そんな提言から始まった、今作「Girls in the Zoo」。テーマとしては、訳すなら「動物園の中の少女たち」だろうか。 動物園、というには取り上げられた動物たちのラインナップは比較的身近であまり目新しいモノではないだろう。…

第十五回文学フリマ、出陣!

ごきげんよう、お久しぶりの此礼木冨嘉です。約一年間のブランクを経て、此礼木がアイムバァァック!を叫びます。どうも。 さて、早速ですがaBreの進捗状況の報告です。 冊子データ:脱稿 脱稿 脱稿 そう、今し方、冊子データが完成したのです。プロデューサ…

第15回文学フリマに向けて

どうもご無沙汰でございます。秋梨です。さて、夏も盛りになってきましたが、体調崩したりしていませんでしょうか? 我々aBreはぼちぼちと過ごしています。さて、タイトルの通り、第15回文学フリマに向けてaBreも動き出しました。 今回はまたメンバーに変動…

不参加メンバーによる第14回文学フリマ感想:5 批評本

第14回文学フリマ戦利品感想、今回は、あまり得意な分野ではないのですが、批評誌系をいくつか読んでみました。アートと文学の情報誌chelsea『chelsea vol.zero』 (缶バッヂつきで¥350、20p)コンテンツは特集「国語教科書」、一〜二見開きの小説が二本、あ…

不参加メンバーによる第14回文学フリマ感想:4 大学同人

第14回文学フリマ戦利品感想、一夜おいて第四回です。ずんだ文学『ずんだ文学 第六号』 (¥500)大学の文芸部の冊子として、特に人数が多いわけでもなく、金をかけている様子もなく、ここまでやれているのはかなりのものなのではないかと思う。見習いたい。………

不参加メンバーによる第14回文学フリマ感想:3 ゾンビ!

第14回文学フリマ戦利品感想、第三回。今回はゾンビ本で一エントリ使っちゃうよ!カタリタガリナ+bnkr『bnkrR vol.4』 (¥1000、200p) 質の高いゾンビ同人だった。つまり、同人ならではの、「ゾンビ×○○」というのにきちんと意識的だった。各話ごとについてい…

不参加メンバーによる第14回文学フリマ感想:2 ちらほら

第14回文学フリマ戦利品感想、第二回。今回は薄手のものを四冊ほど。サークル「新詩抄」池田陽(twitterID@oncan21)『アーキスとガラテイア』 (¥500?, 96p) ギリシア悲劇を模した創作。この納得いかねー感はまさに本物そっくりなのである。ただ古代ふうにす…

不参加メンバーによる第14回文学フリマ感想:1 百合篇

第14回文学フリマ戦利品感想、第一回です。 実は前回の購入リストには載せていなかったのですが、訳あって今回、百合本と名のつくものを買いあさりました。百合小説って、これまでほとんど読んだことがなかったです。部外者の一読した感想ということで、たぶ…

不参加メンバーによる第14回文学フリマ感想:序

5月6日の第14回文学フリマ終了から三週間余りが経とうとしている今頃になって、こんなタイトルをつけた記事を更新しようとしています。『aBre』はこの数号、人が増えたりゲストを招いたりいつのまにか見かけなくなったメンバーがいたりしましたが、誌面不参…

第14回文学フリマ終了!皆様、ありがとうございました

祭りのあとの寂しさに、しばし腑抜けになっていたtuです。 先の日曜日に行われた、文学フリマ。無事、新刊を発売することができました。 今回、印刷所に依頼し、初のオンデマンド本となったaBre。実は会場への直接搬入をお願いしていたため、メンバー一同、…

決戦は明日!aBre7号のご紹介

第14回文学フリマ、いよいよ明日となりました。 なんだかなあ、いまさらかなあと思いつつも、今回は、今回もぜひ多くの人にaBreを手に取ってほしいという気持ちから最新刊の内容をご案内。そもそもaBreは、執筆者がこれでよしとしたら、校了するシステムでは…

文学フリマ、ブースナンバーが決定しました

ご無沙汰しています。風の冷たさに襟を立てながら桜の様子を伺いに出かける毎日です。 文学フリマからブースの決定がアナウンスされました。 私ども、aBreは「D-54」です。 雑誌の進捗状況は…というと、ようやっと編集作業にはいったところです。 必ずや初…

文学フリマ、出店申し込みました。

昨日、2月19日は第14回文学フリマ出店参加申し込みの締切日でした。 われらaBreも申し込みを済ませ、参加案内(にさきがけた入金案内)を待つ身となりました。 今回のaBreについて、申し込み内容より先取りする形でご紹介いたします。 サークル(個人)…

今年最後のミーティング

皆既月食が話題となった12/10、 アブレのミーティングが2部(昼はI県T市のファミレスにて。夜はスカイプ会議)に分けられ開かれました。 今回は、各執筆陣の構想やプロット、初稿の提出が行われ内容について感想や意見が飛び交いました。 現在のところ、自…

文フリ終了反省会&次回に向けて

というわけで、昨日19日、メンバーが集まってのミーティングを行いました。 文学フリマの反省点の洗い出しやら、次回に向けてどうするのかやら、色々と話し合い。 珍しくメンバーが揃ったので、いい感じに話し合いができたと思います。 とりあえず、次回文学…

文学フリマ参加してきました

というわけで、報告が遅くなりましたが、11月3日の文学フリマ参加してきました。 会場が変わるとやっぱり色々勝手が変わってきますね。 今回は会場が広かったので、人の行き来が楽でとてもよかったです。 そして今回はサークル「ねここねこねこみみ」の詠村…

迷いようがないだろう電車なら編

いよいよ明日(11月3日)は第13回文学フリマです。 今回から会場が「東京流通センター(TRC)」第二展示場になるということで、 果たして辿りつけるのか不安の隠せない私はちょっくら出かけてきました。 下見です。@浜松町(駅)山手線を利用し、浜松…

印刷製本完了ー

寒くなってまいりましたね。指の皮がぼろぼろと剥けています秋梨です。 さて、10月28日の夜から29日にかけまして、aBreの製本作業を行ってまいりました。 28日は後輩のお宅にお邪魔しまして(前回もお世話になりました)、印刷作業。 印刷設定を間違って↓み…

スペース決まりました。

はいどうもお久しぶりです、前回ブログから日にち経ってますけどお元気ですか秋梨です。 前回の記事でも書かれてますが、第十三回文学フリマに出店いたしますよー。 文学フリマ公式サイトはこちら http://bunfree.net/ スペースの方ですが、E-28になりますよ…

もうすぐミーティング

aBreはそのたちあげの時こそ、メンバーが住まいを近くにしていました。 あれよあれよというまに時は経ち、いまやてんでばらばらに暮らしています。 それでもおのおの関東圏を離れないのは何かの因果でしょうか。意地かもしれません。 そういうわけで、ミーテ…

新刊抱えてまた出ます

aBre【アブレ】も秋の気配 第十三回文学フリマに出店いたします。 文学フリマ公式サイトはこちら http://bunfree.net/今回の新刊の目玉はコラム、レビュー等の小説以外の企画の増量と、 おなじみ読み切り短編小説にひとつのテーマを設けた点です。 これらの…

文学フリマー!

というわけで参加してきました文学フリマ。 ご来場くださった方、ありがとうございました。 お買い上げくださった方、感謝感謝です。 私自身は3回目の参加だったんですけど、やっぱり楽しいですね。 お客さんと会話したり、購入していただけるのはとても嬉し…

ロード・トゥ・文学フリマ2011-夏09

Welcome to aBre! 本当はこの一週間を使ってロード・トゥ・文学フリマ2011-夏のラストスパートを効かせたかったのですが、想像以上に私、此礼木冨嘉の生活が崩壊してしまい、企画は実践できませんでした。 お詫びといっては語弊があるかもしれませんが、文…

印刷製本完了

どんどんどんどーん! というわけで、この土日を利用して、メンバー集まって印刷製本作業でした。 今回はページ数が多いのでホチキスが通らなくて通らなくて。うん、まぁ、邪念があるのが悪い。 邪念がなければ針は通る、らしいですよ。とりあえずどうにか完…

ブース場所決定

どうもー、最近視界の隅に黒い影がちらつく秋梨でーす。寝れば治る! というわけで更新更新ゆるゆる更新ー。 2011.06.12(日) 東京都大田区産業プラザPiO 大展示ホール・小展示ホールにおいて行われる 第12回文学フリマに参加いたします。 文学フリマ公式…

ウェブミーティング開催!

はいはいはーい、前回に引き続きまして秋梨ですよー、ゆるゆるっと更新しますよー。目指せ脱力系。 さて、多分久しぶりの進捗状況報告になるのかな? 文学フリマ当日までいよいよ1ヶ月を切ったワケですが!新年度も迎えたりなんだりで、メンバーそれぞれがば…

ぶっちゃけ何書いていいかわかんない

えー、いつもブログ書いてるこのれぎ君がなんだか忙しいということで、テストも兼ねて記事書いていまーす。 はじめまして秋梨です。 ぶっちゃけ機能も何も調べないまま書いてるので、どういう風に反映されるのか今からドキドキ☆ですよ? 気がつけば文学フリ…

ロード・トゥ・文学フリマ2011-夏08

Welcome to Saturday night aBre! どうもお久しぶりです、エンタメ文芸サークルaBreです。え? サタデーナイトじゃないって? まぁまぁ、平沢御大も言っているではありませんか、「三行超えたらもうけもの、三行無ければご愛敬」って……、関係ないですね、す…

ロード・トゥ・文学フリマ2011-夏〜EBRA問わず語り〜

Welcome to Saturday night aBre! お久しぶりです、此礼木冨嘉です。え、EBRAですか? シリマセンヨそんなの。何の話をしているんです? え、土曜の夜じゃないだろうって? やだなー、日付を見て下さいよ。そして次は外を見るんです。どうです、暗いでしょ…

ロード・トゥ・文学フリマ2011-夏《再起動》

※※※※※この記事はエイプリルフールの企画記事です※※※※※ 本年からこのブログでは「Road to 文学フリマ」というタイトルで記事を更新してきました。これには私、此礼木冨嘉の思惑がありまして、まずこの「Road to 〜」というのはアメリカに本拠地をもつ、世界最…

ロード・トゥ・文学フリマ2011-夏05

Welcome to Saturday night aBre! どうもお久しぶりです。エンタメ文芸サークルaBreです。みなさんいかがお過ごしでしょうか。前回の《特番》から期間が空いてしまい、申し訳ございません。 3月11日の震災、みなさんはご無事だったでしょうか。私の生活拠…

ロード・トゥ・文学フリマ2011-夏04《特番》

Welcome to Special night aBre! っというわけでばしばし行きますよ! aBreは現状、月に1回のペースでミーティングを行っています。そのこともあり、今後は一週間に1回の記事更新に対して、一ヶ月に1回のペースで詳しいミーティング内容などを報告できた…